赤ちゃんみたいな肌を目指して

肌が生まれ変わる周期がある

大人の肌は28日周期で生まれ変わると言われており、その周期毎に新しい細胞が生まれ、古いものは剥がれ落ちていきます。

これは新陳代謝、またはターンオーバーと呼ばれているもので、若々しい健康な肌を保つには、このターンオーバーが定期的に来るようにしなければなりません。

このターンオーバーが乱れる事によって、肌のトラブルが引き起こされるとも言えます。

肌の生まれ変わる周期は年齢を重ねるにつれて長くなっていきますが、他にも様々な理由があります。

肌の環境作りから始める

正しいターンオーバーが行われるよう、肌の環境を整えてやる必要があります。

毎日美容液や化粧水をしっかり使用したスキンケアを習慣にしているのにも関わらず、その効果が実感できないという方は、先に体を健康にする事が美肌への第一歩となります。

まず、肌には水分が必要で、肌は水分を蓄える事ができますが、肌の表面に化粧水をたっぷり染み込ませたとしても、体の内側自体には届かないのです。

そこで、一日に約2リットルの常温水、またはそれに近い水分を摂取する習慣をつけましょう。

正しい睡眠が美肌を作る

肌にとって大事と言えるのが睡眠です。

とにかくたっぷり眠れば良いと言うものではなく、肌に良い影響が出る時間帯があります。

肌のターンオーバーの為には新しい細胞を作る必要があり、その新しい細胞は成長ホルモンによって作られます。

その成長ホルモンが最も分泌される時間帯が、22時から1時までの3時間と言われているのです。

血糖値が上がっている状態ですと、その時間帯に眠っていても成長ホルモンが分泌されにくくなってしまいますので、飲食は就寝3時間前までに済ませておきましょう

品川美容外科の判例について詳しく